ホーム » 島根県立石見美術館 » 生誕120年 宮芳平 -森鷗外の小説『天寵』の画家-

島根県立石見美術館

[企画展]生誕120年 宮芳平 -森鷗外の小説『天寵』の画家-

展示室D

森鷗外の短編小説「天寵」のモデルであり、鷗外と生涯にわたる親交があった洋画家、宮芳平。生誕120年を記念して、詩的情緒にあふれた作風の全貌をたどります。

基本情報

会期:2013年12月21日(土)~2014年2月24日(月)
開館時間:10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
休館日:毎週火曜日[ただし12月24日、2月11日は開館]、年末年始の12月28日(土)~1月1日(水)、2月12日(水)

会場:展示室D

企画展「生誕120年 宮芳平 -森鷗外の小説『天寵』の画家-」の特設サイトは→こちら

Web割引券

当企画展のweb割引券をダウンロードできます。
「Web割引券」は→こちら(PDFファイル:354KB)

宮芳平 《自画像》 安曇野市豊科近代美術館蔵