ホーム » 島根県立石見美術館 » 宮芳平 詩と版画

島根県立石見美術館

[コレクション展]宮芳平 詩と版画

展示室B

森鷗外の短編小説『天寵』のモデルになった画家・宮芳平。そのメランコリックで叙情豊かな世界を銅版画と詩文で紹介する。

基本情報

会期:2015年10月28日(水)~12月21日(月)
開館時間:10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
休館日:毎週火曜日

会場:展示室B

宮芳平《湖と乙女(月)》1935 年頃