ホーム »

新着情報

 

そして、世界が認めた

洗練された美意識を培ってものづくりに生かしてきた日本人は、近代以降、世界の市場も見据えながら製造業を発展させてきました。戦後復興期そして高度経済成長期である1950-60年代は、戦争によって壊滅的な打撃を受けた日本の産業が復活し、現在、世界で認められる優れた日本製品の出発点となった時代です。

本展では、大量生産が本格化した1950-60年代につくられた実用的な製品のデザインに焦点を当て、インダストリアル、インテリア、クラフト、グラフィック、ファッション等の分野の当時のデザインを代表する製品をご紹介します。「東京オリンピック」から50年の節目に、さまざまなジャンルで新たなデザインが花開いたこの時期の日本のデザインの状況を検証します。

基本情報

[会期]2014年8月2日(土)~9月23日(火・祝)
[開館時間]10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
[休館日]毎週火曜日(ただし8月12日、9月23日は開館)
[会場]展示室D

[観覧料] ( )内は20名以上の団体料金。

  当日券 前売券
  企画展 企画・コレクション展セット
一般 1,000(800) 1,150(920) 900
大学生 600(450) 700(530) 500
小中高生 300(250) 300(250) 200

単位:円

【老人の日・老人週間】 
年内に65歳以上になる方は、9月15日(月)~9月21日(日)の期間、本展を無料でご覧になれます。

※小中高生の学校利用は入場無料。
※障害者手帳保持者および介助者は入場無料。
※前売券は、ローソン各店(Lコード 63238)、主な旅行会社、各プレイガイドでお求めになれます。

[主催]島根県立石見美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、BSS山陰放送

[協賛]ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン・日本興亜損保 [協力]ぺんてる

出品作品

 

《トヨタ カローラ》 1966年
トヨタ博物館蔵

《バタフライ・スツール》 柳宗理 1956年
柳工業デザイン研究会蔵

《ジャンプスーツ、カフタン》 森英恵 1966年
当館蔵

《G型醤油差し》 森正洋 1958年
東京国立近代美術館蔵

《競技プログラム(第18回オリンピック東京大会)》
1964年 秩父宮記念スポーツ博物館蔵

《0系新幹線座席》 1964年
リニア・鉄道館蔵

《ホンダ スーパーカブ》 1958年
ホンダコレクションホール蔵

《ニコンF》 1959年
日本カメラ博物館蔵

《自動式電気釜》 東京芝浦電気 1955年
増田コレクション蔵
(大阪市立住まいのミュージアム寄託)

《ハイクリーン デラックス》 松下電器産業 1964年
オー・デザインコレクション蔵

中村誠 《ポスター 資生堂海外向け企業広告
SHISEIDO COSMETICS》
1966年 富山県立近代美術館蔵

《ソニー TR-610》 1958年
ソニー蔵

 

Web割引券

当企画展のweb割引券をダウンロードできます。
→「Web割引券」(PDFファイル:376KB)