ホーム »

新着情報

  • 2012/9/19: 企画展・特設サイトを開設しました!

会いたかったあの作品にあえる

島根県出身の文豪、森鷗外。そして同時代を生きたもうひとりの郷土の傑物、彫刻家の米原雲海。両者は明治期の東京美術学校(現・東京藝術大学)で一時期教鞭をとり、日本近代美術の発展に大きく貢献しました。本展は森鷗外生誕150周年を記念し、東京藝術大学大学美術館が所蔵する関連の絵画・彫刻作品を紹介するもので、特に選りすぐりの名品がこの島根県立石見美術館だけで特別に公開されます。

島根県出身のふたりの活躍を知るとともに、教科書などでおなじみの作家たちの作品が勢揃いする大変貴重な機会です。2点の重要文化財(浅井忠《収穫》・原田直次郎《靴屋の親爺》)を含む約100点を展示します。お見逃しのないよう是非ご来館ください。

基本情報

会期:2012年10月6日(土)~2012年11月26日(月)
開館時間:10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
休館日:毎週火曜日
会場:展示室D・A

観覧料:

  当日券 前売券
  企画展 企画・コレクション展セット
一般 1,000(800) 1,150(920) 900
大学生 600(450) 700(530) 500

単位:円。

※( )内は20名以上の団体料金。
※神々の国しまねプロジェクトにより、高校生以下は入場無料。
※障害者手帳保持者および介助者は入場無料。
※前売券は、ローソン各店(Lコード 61980)、主な旅行会社、各プレイガイドにてお求めになれます。

主催:島根県立石見美術館、日本海テレビ、中国新聞社

協力:東京藝術大学美術館、東京藝術大学大学院文化財保存学専攻保存修復油画研究室

協賛:ヤマトロジスティクス株式会社

出品作品

黒田清輝《婦人像(厨房)》明治25年
東京藝術大学所蔵

横山大観《村童観猿翁》明治26年
東京藝術大学所蔵

米原雲海《善那木型》明治30年
東京藝術大学所蔵

→「作品リスト」(PDFファイル:110KB)

Web割引券

当企画展のweb割引券をダウンロードできます。
→「Web割引券」(PDFファイル:356KB)