-+

ホーム »

新着情報

 

制作活動のかたわら、母校である東京藝術大学大学院文化財保存学の教授として、仏像の古典技法と修復の指導にあたる彫刻家・籔内佐斗司。日本人が古来抱いてきた、自然観や生命観をもとに、時間の経過を生き物の一連の動作で表した作品や、自然のエネルギーを「童子」という神性を帯びた存在でユーモラスに表現するなど、この世の事象を独自の解釈と鋭い感性で表現し、魅力あふれる彫刻作品を世に生み出してきました。

その作品は、全国約百カ所の公共空間に設置され、ごく身近なところで人々に親しまれています。近年では、奈良県マスコットキャラクター「せんとくん」のデザイン制作を担当したことでも大きな話題となり、また、仮面舞踏集団「平成伎楽団」のプロデュースを行うなど、従来の彫刻の枠を超えた表現の可能性を追求し、活動の幅をますます広げています。

島根県では、島根県立美術館の野外彫刻《宍道湖うさぎ》が縁結びの象徴として話題を呼び、県内外から宍道湖畔に集う人々が後を絶ちません。本展では、彫刻家・籔内佐斗司の多彩な創作世界を紹介し、人々に愛される癒やしの芸術の魅力に迫ります。

基本情報

[会期]2014年10月4日(土)~11月17日(月)
[開館時間]10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
[休館日]毎週火曜日
[会場]展示室D・C

[観覧料] ( )内は20名以上の団体料金。

  当日券 前売券
  企画展 企画・コレクション展セット
一般 1,000(800) 1,150(920) 900
大学生 600(450) 700(530) 500
小中高生 300(250) 300(250) 200

単位:円

※小中高生の学校利用は入場無料。
※障害者手帳保持者および介助者は入場無料。
※前売券は、ローソン各店(Lコード 64080)、主な旅行会社、各プレイガイドでお求めになれます。

[主催]島根県立石見美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、山陰中央テレビ

[協賛]ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜

[協力]籔内佐斗司工房、青山美術株式会社

出品作品

《龍神童子》2003年 個人蔵

《桃太郎白刃取り》2008年 個人蔵

《竹林小町》2008年 個人蔵

《陽子》1988年 公益財団法人ウッドワン美術館蔵

《不動明王》2003年 個人蔵

《守銭童子》2009年 個人蔵

《鰻登り童子》2011年 個人蔵

《旭日昇運童子》1997年 個人蔵

《犬モ歩ケバ》1989年 兵庫県立美術館蔵

《平成伎楽団》

 

Web割引券

当企画展のweb割引券をダウンロードできます。
→「Web割引券」(PDFファイル:367KB)