ホーム » 島根県立いわみ芸術劇場 » 益田糸操り人形 定期公演

島根県立いわみ芸術劇場

平成24年度 地域の文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業
島根県無形民俗文化財
益田糸操り人形 定期公演

観たい|主催・共催公演

熟練の技が生み出す、伝統の妙技をとくとご覧ください。

 

昭和38年に島根県無形文化財に指定された「益田糸操り人形」。
四つ目と呼ばれる手板を使い、人形に細やかな動きを与え、明治時代に行われていた古い形態のまま上演を行っている人形芝居では、全国でも唯一無二のものといわれています。今回の定期公演では、新たな演目「義経千本桜 すしやの段」を披露します。

 

ito2.jpg
義経千本桜 すしやの段

 

益田糸操り人形 定期公演・特設ページは→こちら

基本情報

日時: 2012年8月12日(日) 13:00開場/13:30開演

会場: 小ホール

料金: 無料(先着400名)

演目: 義経千本桜 すしやの段、 寿三番叟、 三十三間堂棟木之由来/平太郎住家の段、 山本一流獅子の一曲 ほか

出演: 益田糸操り人形保持者会

 

公演終了後「体験コーナー」開催!

 

義経千本桜 すしやの段