ホーム » 島根県立いわみ芸術劇場 » 益田糸操り人形 グラントワ公演

島根県立いわみ芸術劇場

平成24年度 地域の文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業
島根県無形民俗文化財
益田糸操り人形 グラントワ公演

観たい|主催・共催公演

益田市に伝わる伝統芸能「益田糸操り人形」は昭和38年に島根県無形文化財に指定され、平成25年で指定50周年を迎えます。
「益田糸操り人形」は明治時代にこの地に伝わり、現在もその当時の形態のまま上演されており、使用している人形も当時のものを使用しています。100年以上前の形態をとどめる、国内でも珍しい演舞をご堪能ください。

 

「寿三番叟」

 

新年の幕明けにふさわしく、「寿三番叟」や「山本一流獅子の一曲」など、縁起の良い演目を披露します。

 

 

益田糸操り人形 特設ページは→こちら

基本情報

日時: 2013年1月13日(日) 13:00開場/13:30開演

会場: 小ホール

料金: 無料

出演: 益田糸操り人形保持者会

演目

  • 寿三番叟(ことぶきさんばそう)
  • 傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段(けいせいあわのなると じゅんれいうたのだん)
  • 伽羅先代萩 正岡忠義の段(めいぼくせんだいはぎ まさおかちゅうぎのだん)
  • 山本一流獅子の一曲(やまもといちりゅうししのいっきょく)

 

 

公演終了後「体験コーナー」開催!

 

「傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段」