ホーム » 島根県立いわみ芸術劇場 » アジア糸操り人形劇フェスティバルinグラントワ

島根県立いわみ芸術劇場

平成25年度劇場・音楽堂等活性化事業
「益田糸操り人形」島根県指定無形民俗文化財指定50周年記念
アジア糸操り人形劇フェスティバルinグラントワ

観たい|主催・共催公演

この夏、アジアと日本の糸操り人形がグラントワに集結!!

 

基本情報

日時:2013年8月24日(土)・25日(日) 10:00~17:00

会場:小ホール他

料金:【一日券】一般1,000円、会員800円、高校生以下500円

チケット発売日:7月6日(土)

*プレイベント: 8月17日(土)10:00~16:00【人形劇団みのむし・江戸糸操り・益田糸操り人形公演】*体験コーナーもあります。、18日(日)10:00~12:00【ワークショップ】 *詳細下記

問合せ先: 島根県芸術文化センター「グラントワ」
TEL: 0856-31-1860

出演団体

益田糸操り人形保持者会(島根県益田市)

マンダレー人形劇場(ミャンマー)

泉州市木偶劇団(中国)

江戸糸あやつり人形

糸あやつり人形劇団みのむし

安田の糸あやつり人形芝居(山口県周南市)

徳地人形浄瑠璃保存会(山口県山口市)

団体紹介

◆益田糸操り人形保持者会 (島根県益田市)

masuda.gif

 
益田糸あやつり人形は、明治20年ごろ、東京浅草で糸あやつり人形芝居を興行していた山本三吉が、益田に居を移し、当時盛んであった浄瑠璃の愛好者たちの集まり「小松連(こまつれん)」に迎えられたことに始まる。昭和38年7月2日に「島根県無形民俗文化財」に指定、古い形態をとどめたまま上演される益田糸あやつり人形は、わが国で現在上演されている糸あやつり人形の中で唯一無二のものといわれる。

◆マンダレー人形劇場 (ミャンマー)

myanma.gif

ミャンマーの古都マンダレーで活躍する劇団。古くから王侯貴族から庶民にいたるまで多くの人々を熱狂させてきた。19世紀半ばには、人間の演じる舞踊や演劇を凌ぐ人気を得た国民的伝統芸能で、ミャンマーの糸操り人形芝居「ヨウッテ・ポエー」は、人形オペラともいうべき魅力に溢れている。

*ヨウッテ→糸あやつり ポエー→祭り の意

 

◆泉州市木偶劇団 (中国)

chugoku.gif

 福建省の泉州地方はアジア一帯に広がる人形芝居の一大センターとして知られる。その泉州を代表する糸操り人形芝居の選りすぐりの芸人により結成された唯一の公立劇団。微妙な糸さばきがもたらす細かな人形の動き、仕掛けの妙、中国伝統音楽にのせて演じ手が唄う名曲の数々・・・。中国の至宝とも呼ばれる情感あふれる舞台が展開される。

◆江戸糸あやつり人形 (東京)

edo.gif

 江戸時代に生まれ、江戸→東京を中心に伝えられて来た伝統的糸あやつり。10本を超える糸を「手板」と呼ばれる操作板で操る独自の構造をもち、益田の糸あやつりの源流でもある。主宰者の上条充は、その伝統を伝える座のひとつ、結城座で学び、その後独立し1992年に「江戸糸あやつり人形」を設立。糸あやつりの魅力を広く知らせたいと大道芸に取り組む。また寄席や小スペースを舞台に、繊細にして洒脱な江戸前の世界を創り出している。

◆糸あやつり人形劇団 みのむし (京都)

minomusi.gif

 関西を代表する糸あやつり人形の劇団。主宰者の飯室康一は、江戸糸あやつり人形を伝える竹田人形座(東京)に入団し舞台やTVで活動。その後フリーを経て、1975年に「みのむし」を設立、伝統の形式を活かし多くの作品を創作してきた。子供が楽しめる作品も豊富で、学校や幼稚園等で瀬力的に上演。また大人向け作品はユーモアとペーソス溢れる独特の作風で多くのファンを持つ。

◆安田の糸操り人形芝居 (山口県周南市)

 旧・三丘村に江戸時代から伝えられ、180年余りの歴史を持つ。人形の大きさは、約50cmで、頭と両耳、両手につけた5本の糸を、上から一人の人が操って人形を動かす。昭和51年3月に、山口県無形民俗文化財に指定。

◆徳地人形浄瑠璃保存会 (山口県山口市)

義太夫節による串人形形式の人形浄瑠璃であり、全国的に数少ない特殊の人形操法を有する人形芝居である。この串人形は1人遣いであり、一人で7、8体の人形を操作できるのと、浄瑠璃が弾き語りであるので最低2人でも上演できる特色を持っている。

 

日程

【プレイベント】

 

  8月17日(土)
開演時間 大ホール
10:00~

【オープニングセレモニー】

益田糸操り人形

10:30~ 糸あやつり人形劇団みのむし(京都)
11:30~ 江戸糸あやつり人形(東京)
13:30~ 糸あやつり人形劇団みのむし(京都)
14:30~ 江戸糸あやつり人形(東京)

 

【アジア糸操り人形劇】

  8月24日(土) 8月25日(日)
開演時間 小ホール 小ホール/スタジオ
10:30~ マンダレー人形劇場(ミャンマー) マンダレー人形劇場(ミャンマー)
12:00~   安田の糸あやつり人形(山口県周南市)
13:00~ 泉州木偶劇団(中国) 泉州木偶劇団(中国)
14:30~   徳地人形浄瑠璃(山口県山口市)
15:00~ 益田糸操り人形(島根県益田市) 益田糸操り人形(島根県益田市)

*ワークショップの詳細・申込用紙はコチラ(PDFファイル:522KB)

プレイガイド

益田市:
  • 島根県芸術文化センター「グラントワ」
    (tel:0856-31-1860)
  • キヌヤ益田ショッピングセンター
    (tel:0856-23-0580)
  • ブックセンタージャスト高津店
    (tel:0856-24-1515)
浜田市:
  • 石央文化ホール
    (tel:0855-22-2100)
江津市:
  • 江津グリーンモールインフォメーション
    (tel:0855-54-0111)
津和野町:
  • 日原中央公民館
    (tel:0856-74-0302)
吉賀町:
  • カスヤ書店
    (tel:0856-77-0017)

 

主催:島根県・(公財)しまね文化振興財団(いわみ芸術劇場)

共催:芸術文化とふれあう協議会・益田糸操り人形保持者会

協力:公益財団法人現代人形劇センター

支援:文化庁・独立行政法人 日本万国博覧会記念機構

 


kikoumark.gif