ホーム » 島根県立いわみ芸術劇場 » 名画をいろどる話芸と音楽 vol.5

島根県立いわみ芸術劇場

名画をいろどる話芸と音楽 vol.5

観たい|主催・共催公演

活弁と生演奏のシリーズ第5弾!!

島根県益田市は、大正時代から昭和初期にかけて活動写真弁士として一世を風靡した、「話芸の神様」徳川夢声(1894~1971)の生誕地です。活動写真弁士は、音声のない無声映画(サイレント)の時代、映画(活動写真)にあわせてセリフや状況の説明をした人で、弁士が行う映画の説明のことを「活弁」とよびました。

「名画をいろどる話芸と音楽」は、徳川夢声ゆかりの益田の地において活弁を復活させ、音楽、美術とあわせて楽しもうとする試みです。今回は無声映画4作品と、美術作品を題材とした楽曲の演奏、そして昨年の初演で大好評を博した坂本頼光作のオリジナルアニメ「ヒストリー・オブ・益田氏」の再演と、盛りだくさんでお届けします。

 

日時:10月19日(土) 14:30開場/15:00開演

会場:島根県芸術文化センター「グラントワ」 大ホール

入場無料、全席自由

◎入場整理券を9月18日(水)より配布します。

配布場所:島根県芸術文化センター「グラントワ」総合カウンター、益田市立雪舟の郷記念館、益田市立歴史民俗資料館

 

出演:坂本頼光/鈴木広志/大口俊輔/小林武文/古本大志

上演作品

boken.jpg

「チャップリンの冒険」

(米国/1917年/ミューチュアル社)23分

監督・脚本・主演=チャールズ・チャップリン

喜劇王チャップリンの短編時代の作品中でも特に評価の高い一本。チャーリーは脱獄囚。逃亡の最中、海で溺れていた美しい令嬢を助け、彼女の屋敷に招待される。正体を隠したままパーティを満喫するが、やがて警官隊が現れてたちまち大騒動に。令嬢のお抱え運転手役で、当時チャップリンの秘書を務めていた日本人・高野虎市が出演している。

 

muriyari.jpg

「無理矢理ロッキー破り」

(米国/1927年/モンティ・バンクスエンタープライズ)9.5mm/縮刷版/10分

監督=ジョセフ・ヘナベリー

主演=モンティ・バンクス

1920年代のハリウッドで、コメディアンとして人気のあったモンティ・バンクスの代表作。完全版は存在しないが、後半の走る汽車の上でのドタバタアクションは必見。

 

jack_01.jpg

「ジャックと豆の木」

(米国/1902年/トーマス・エジソン社)10分

監督=エドウィン・S・ポーター/ジョージ・S・フレミング

主演=トーマス・ホワイト

イギリス生まれの有名な昔話。貧しい少年・ジャックは、家の唯一の財産である牛を、豆と交換してしまう。怒った母親は庭に豆を捨ててしまうが、一夜明ければアラ不思議、豆は巨大な木となり、天空にまで届いていた。舞台劇風のカメラワーク、また映像の魔術師と謳われたジョルジュ・メリエスの作品から影響を受けたと思しき画面合成の演出も施されている、初期無声映画の佳篇。

 

miyanoumi.jpg

「宮の海」

(日本/詳細不明)9.5mm/9分

日本神話をモチーフにしたと思われる劇映画。海浜を舞台に、特撮技術、大がかりなセットを用いての不思議なストーリーが展開する。劇中、明らかに別作品の一部が挿入されているが、吉岡長太郎氏の手によるものかは不明。

 

*印は飯南町・吉岡長太郎フィルムコレクションの作品です。なお、このたびの上映はフィルムから複製したDVDによるものとなります。

 

<飯南町教育委員会所蔵・吉岡長太郎フィルムコレクション>

島根県飯南町に生まれた吉岡長太郎は、昭和初期、自ら収集した映画のフィルムと映写機を携え、県内各地で上映会を行った人物です。娯楽作品、教育映画、ニュース映像のほか、自ら撮影した地域の風景や風俗なども含まれる貴重なフィルムコレクションは、現在は飯南町教育委員会の所蔵となっています。

 

兼高.jpg

「ヒストリー・オブ・益田氏」

(日本/2012年/活弁とミュージアム活性化事業実行委員会)15分

脚本・作画=坂本頼光

益田が誇る2つの重要文化財、雪舟筆《益田兼堯像》(益田市立雪舟の郷記念館蔵)と、狩野松栄筆《益田元祥像》(島根県立石見美術館蔵)、そして益田地域の遺跡からインスピレーションを得て制作された、オリジナルアニメーション。平安時代から戦国時代まで、益田地域を統治した豪族・益田氏の歴史が楽しく学べる、全益田市民必見の力作。

 

坂本頼光自らの活弁と、作曲者たちによる生演奏でこのアニメが観られるのは今回限り!どうぞお見逃しなく!

出演者プロフィール

■坂本頼光(案内役/活弁)

raiko08.jpg

中学2年頃より映画熱にとりつかれ、活動写真弁士を志す。2000年、正式デビュー後、映画館、ライブハウス、神社仏閣等で 活弁ライブを行う。これまでの説明作品は『忠治旅日記』『番場の忠太郎・瞼の母』『鞍馬天狗』『カリガリ博士』他、約60本。10年にエール他アメリカ五大学活弁ツアーに参加、12年にはフランスのシネマテーク・フランセーズ特別公演に出演。また、東京スカイツリーのマスコットの声やTVアニメの声優、『ミスタードーナツ』『ジョイサウンド』CMのナレーション等、活動の幅を広げている。

 

■鈴木広志(作曲/サキソフォーン)

suzuki.jpg

サックス奏者、作曲家。東京芸術大学卒業(サキソフォン専攻)。フルート、クラリネット、リコーダーも操る。全国でのコンサートのプロデュースやCD参加も多数。舞台や映画、TVCMにも楽曲を提供。London Jazz Festival(08年・イギリス)、North Sea Jazz Festival(12年・オランダ)等に出演。NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」(13年4月~9月)ではオープニングや劇中音楽に演奏で参加(作曲は大友良英)。

http://suzuki-hiroshi.com/

 

■大口俊輔(作曲/ピアノ)

ohkuchi.jpg

東京芸術大学卒業。ピアニスト、アコーディオニスト、作曲家。 景色や香り、物語のある音楽を創造し、その時、その空間に想像できるファンタジーと夢を創る音楽家。技術だけにとらわれない独特のユーモア、センスを音楽に盛り込み、美術館・演劇・ファッションショー・映画・TV等にも多くの作品、演奏を提供している。現在放送されているNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」(音楽:大友良英)ではアコーディオンを担当している。

 

■小林武文(作曲/パーカッション)

koba_drum_04.jpg

ドラムセットをはじめ様々な打楽器で独自の音楽を演奏する。邦楽囃子方仙波清彦氏に師事。様々な現場での演奏の他、作編曲も行う。NHK Eテレ「大!天才てれびくん」MTK「パタタピテ ポタツピテ」を楽曲プロデュース。自身のグループ「琴鼓'n管(キンコンカン)」をはじめ、「大友良英withあまちゃんスペシャルビッグバンド」、「鬼太鼓座」へのゲスト出演、小川美潮、林正樹、その他、数多くのバンド・ユニットで活動中。

 

■古本大志(作曲/テューバ)

furumoto.jpg

愛知県立芸術大学卒業。読売新人演奏会に出演。Itec 2004 in Budapest国際テューバコンペティション第2位。第21回日本管打楽器コンクール第1位。Asian Youth Orchestra 2002、小澤征爾音楽塾2006、各メンバー。Jeju International Brass Competition 2012第3位。クラシック以外にも舞台、ミュージカル、CMや映画音楽などその活動は多岐にわたる。洗足音楽大学非常勤講師。Japan Tuba Soloists、ズーラシアンブラス各メンバー。テューバを横井俊文、安元弘行の各氏に師事。

スペシャル情報・その1

アニメ「ヒストリー・オブ・益田氏」DVD発売決定!

 

10月19日、「名画をいろどる話芸と音楽」が開催されるグラントワ大ホールにて販売します。その後、グラントワのミュージアムショップ「コンアモール」、益田市立雪舟の郷記念館、益田市立歴史民俗資料館でも取り扱う予定です。

DVD packgage.jpg

定価:1,000円

 

DVD特典:肖像画のために書き下ろしたオリジナル曲2曲収録!

◆益田兼堯のテーマ

◆益田元祥のテーマ

 

発売元:活弁とミュージアム活性化事業実行委員会

スペシャル情報・その2

「中世の食再現プロジェクト」オリジナル商品販売


「中世の食再現プロジェクト」は、アニメにも登場する益田藤兼・元祥父子が毛利氏をもてなした饗宴のメニューを、古文書を手がかりに再現する試みです。このプロジェクトから生まれた商品を公演当日、大ホールにて販売します。味覚からも益田の殿様に近づいてみませんか?

日時:10月19日(土)

会場:島根県芸術文化センター「グラントワ」 大ホール

関連情報

活弁&生演奏の島根ツアー

飯南町、松江市でも同じメンバーによる無声映画の公演を行います。

飯南町公演「名画をいろどる話芸と音楽 in 飯南」
10月14日(月・祝)13:00開場/13:30開演
会場:飯南町赤名農村環境改善センター 入場無料

詳細はこちら → http://www.satoyamania.net/event/kanko/11104.html

「出雲阿国展」後期 開幕記念!!ナイトイベント
松江公演「名画をいろどる話芸と音楽 in 松江」
10月16日(水)18:30開演
会場:島根県立美術館ロビーー 入場無料

詳細はこちら → http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/ja/event/concert.html


益田氏、徳川夢声ゆかりのミュージアム

益田市立雪舟の郷記念館(http://www.iwami.or.jp/sessyu3/
企画展「粋墨画」
10月5日(土)~11月30日(土)
※雪舟《益田兼堯像》(重要文化財)特別公開:11月1日(金)~11月30日(土)
住所:益田市乙吉町イ1149
開館時間:9:00~17:00(受付は16:30まで)
休館日:毎週火曜日
観覧料:[常設展]一般500(400)円、小中高150(120)円
※(  )は20名以上の団体料金 
益田市立歴史民俗資料館(http://www.iwami.or.jp/rekimin/
開館30周年記念特別展「写真でたどる益田100年」
10月20日(日)~12月1日(日)
※中世益田氏関連資料、徳川夢声関連資料は常設展示にて公開

住所:益田市本町6番8号
開館時間:9:00~17:00(受付は16:30まで)
休館日:毎週火曜日
観覧料:一般200(160)円、高校生以下無料
※(  )は20名以上の団体料金 
島根県立石見美術館(http://www.grandtoit.jp/museum/index.html
企画展「一木一草に神をみる 自然と美術」
9月14日(土)~11月4日(月)
※狩野松栄《益田元祥像》は、コレクション展「あなたはどう見る?-よく見て話そう美術について-」(2014年2月5日~3月24日)にて展示予定

住所:益田市有明町5-15
開館時間:10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
休館日:毎週火曜日
観覧料:[企画展]一般1,000(800)円、大学生600(450)円、小中高生300(250)円
[コレクション展]一般300(240)円、大学生200(160)円、小中高生無料
※(  )は20名以上の団体料金  ※各種割引あり 

 

主催:活弁とミュージアム活性化事業実行委員会(島根県立石見美術館、益田市立雪舟の郷記念館、益田市立歴史民俗資料館、飯南町教育委員会)

協力:公益財団法人しまね文化振興財団(島根県立いわみ芸術劇場)、日本チャップリン協会

 

mark.jpg平成25年度 文化庁地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業

活弁と生演奏のシリーズ第5弾

オリジナルアニメ「ヒストリー・オブ・益田氏」DVD完成記念ライブ!