島根県芸術文化センター グラントワ島根県芸術文化センター グラントワ

更新情報

大駱駝艦・天賦典式「クレイジーキャメル」麿赤兒・ビデオメッセージを公開しました。

2021年02月12日

2021年2月28日(日)に「グラントワ」大ホールで開催される、大駱駝艦・天賦典式「クレイジーキャメル」の公演に先立ち、大駱駝艦主宰の麿赤兒さんからビデオメッセージが寄せられました。
映像は、YouTubeで公開しています。以下のURLから、ご覧ください。

crazycamel_cm2.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎ 大駱駝艦・天賦典式「クレイジーキャメル」麿赤兒・ビデオメッセージ

https://www.youtube.com/watch?v=I8wyXGdC3_Y

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

麿 赤兒  Maro Akaji(大駱駝艦主宰・舞踏家・俳優)
1943年生まれ、奈良県出身。1965年、唐十郎の劇団「状況劇場」に参画。唐の「特権的肉体論」を具現化する役者として、1960~70年代の演劇界に大きな変革の嵐を起こし、多大な影響を及ぼす。1966年、役者として活動しながら舞踏の創始者である土方巽に師事。1972年、「大駱駝艦」を旗揚げし、舞踏に大仕掛けを用いた圧倒的スペクタクル性の強い様式を導入。“天賦典式”(てんぷてんしき:この世に生まれたことこそ大いなる才能とする)と名付けたその様式は、国内外で大きな話題となり、「BUTOH」を世界に浸透させる。精力的に新作を発表し続けているほか、舞踏手育成にも力を注ぎ、多彩な舞踏グループ・舞踏手を輩出。また、映画・TV・舞台等においても独特の存在感を放ち、ジャンルを越境し先駆的な地位を確立している。2021年2月4日(木)〜7日(金) 新作「ダークマター」上演。1974年、87年、96年、99年、07年、12年、20年舞踊批評家協会賞受賞。2006年度文化庁長官表彰。2013年第7回日本ダンスフォーラム賞大賞受賞。2016年東京新聞制定 第64回舞踊芸術賞受賞。2018年第55回批評家大賞・ダンス出版部門(フランス)受賞。2018年春陽堂書店第1回種田山頭火賞受賞。


大駱駝艦 公式ホームページ http://www.dairakudakan.com/

 

大駱駝艦・天賦典式 クレイジーキャメル

【日時】2021年2月28日 [日] 開場13:15/開演14:00
【会場】島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール

◎公演の詳細はこちら → http://www.grandtoit.jp/event/3985

ページの先頭へ戻る