島根県芸術文化センター グラントワ島根県芸術文化センター グラントワ

イベント

300x182 theriaca02

THERIACA ≪sofa≫ 2018年 Photo: Mizuki Kin,Hair&Make:Sayuri Sakairi

ファッションクリエイター・トレイニング・ワークショップvol.2「かたちをまとう」 ※応募は締め切りました※

ワークショップ「かたちをまとう」は定員に達し、応募を締め切りました。

 

世界的なファッションデザイナー、森英恵の故郷に位置する島根県立石見美術館は、開館以来ファッションを活動の柱の一つとし、様々な事業を展開してきました。ファッションクリエイター・トレイニング・ワークショップは、ファッションの分野で創造性の高い活動を行う次世代の若者の育成を目的にした、滞在型のワークショップです。2回目となる今回は、ファッションデザイナーの濱田明日香を講師に迎えます。濱田は近年、サイズやシルエットなど、衣服の基本的な要素を軽やかに問う手芸本の出版や、ギャラリーや書店を会場にした自身のレーベル(THERIACA)での発表など、既存のブランドのあり方にとらわれない活動を展開しています。ワークショップでは、身の回りにあふれる様々なものに宿るユニークなかたちの発見や、それを用いた衣服づくりを通して、衣服と体の関係、ひいては「衣服とは何か」といった装いにまつわる根源的な事柄について考えます。


[内容]身の回りのものからかたちをとり、特定の動きをした際に面白いかたちに変化する衣服を制作し、コンセプトとともに提案する。
[日時]2018年7月28日(土)― 30日(月)の3日間 9:00~17:00 (カリキュラムの詳細は後日お知らせします。)
[定員]20名 ※定員に達しました。
[対象]高校生以上40歳未満の方
[参加条件]3日間通して参加可能であること、スマートフォンやタブレットなど情報検索可能な携帯端末を持参すること
[参加費]無料(ただし交通費や滞在にかかる費用は参加者負担)
[申込]ワークショップ名、お名前、年齢、住所、メールアドレス、連絡の取りやすい電話番号、簡単な参加動機を明記のうえ、下記までお知らせください。
島根県芸術文化センター「グラントワ」 Fax:0856-31-1884 Mail:zaidan@grandtoit.jp

 

チラシデータ は → こちら(PDFファイル:959KB)


 講師 濱田明日香

 ファッションデザイナー。京都市立芸術大学、ノヴァスコシア芸術大学(カナダ)にてテキスタイルデザインを勉強後、デザイナーとしてアパレル企画に数年携わり、渡英。ロンドン・カレ ッジ・オブ・ファッション入学。ファッションとパターンについて研究し、自由な発想の服作りを続けている。2012年、在学中に自身のレーベル“THERIACA”(テリアカ/万能解毒剤という意味の言葉)をスタート。現在ベルリンにて自身のプロジェクトを進行しながら、服の面白さを共有するツールとして手芸本の執筆も手がけ、著書に『かたちの服』『大きな服を着る、小さな服を着る』『ピースワークの服』(いずれも文化出版局)がある www.theriaca.org

 

同時開催 特別展 THERIACA 服のかたち/体のかたち

会期:7月27日(金)~9月9日(日)
会場:島根県立石見美術館 展示室C

ワークショップ講師の濱田明日香による「衣服と体のかたちの関係を問う」展覧会

ページの先頭へ戻る